診療メニュー

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

『睡眠時無呼吸症候群』という言葉を聞いたことはありますか?
夜中眠っている最中に、

10秒以上の無呼吸10秒以上の低呼吸

両方の症状が1時間に合わせて5回以上ある場合です。

10秒息を止めてみてください、
こんな状態が眠っている間に1時間に5回以上もあるなんて、カラダに良いわけありません。

「呼吸が止まっている間に死んでしまうのでは?」と思った方、そこは大丈夫です。
人間、呼吸が止まって苦しくなると自然に呼吸をしようともがきますのでご安心ください。

睡眠時無呼吸症候群のリスク

怖いのは、睡眠時無呼吸症候群の方は、全身的な病気のリスクが数倍高くなる点です。

高血圧・脳血管障害・不整脈・メタボリックシンドロームと怖い病気ばかりです。

呼吸が止まって亡くなることはありませんが、睡眠時無呼吸症候群で引き起こされた病気でリスクが高まることはおわかりいただけると思います。

イビキ・それは睡眠時無呼吸症候群のシグナルかもしれません

この睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつに『イビキ』があります。イビキをかく人がみんな睡眠時無呼吸症候群とは限りません。ただ、イビキをかく方で、上記のような病気があったり、起床時に頭痛がある、日中やけに眠くなる、などの自覚症状がある方は内科、耳鼻咽喉科などを受診されることをおススメします。

歯科医での睡眠時無呼吸症候群治療について

睡眠時無呼吸症候群の中に『閉塞型睡眠時無呼吸症候群』という分類があります。
この閉塞型は歯医者の出番なのです。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、どのようにして起こるのでしょうか。

皆さんは睡眠を取るときに、どんな格好で寝ていますか?

うつぶせの方、横を向く方、色々でしょうが、おそらく仰向けの方が多いと思います。
仰向けに眠ると、舌の付け根(舌根)や軟口蓋と呼ばれる部分が喉の奥に沈み込みます。この時に、沈み込んだ部分が空気の通り道を塞いでしまうと無呼吸、低呼吸を引き起こしてしまいます。

睡眠時における軌道状態

*舌根沈下Figイメージ ※SomnoMed社の承諾の上ご提供いただいています

この原因となる舌や軟口蓋が喉の奥に沈み込むのを防ぐ装置を我々歯科医が作製し、皆さんにお使いいただくことで睡眠時無呼吸症候群の症状が改善します。

たかがイビキ、されどイビキです。あなたのパートナーは大丈夫ですか?眠っている最中に大きな、不規則なイビキをかいていたり、呼吸が止まって苦しそうにしていることはありませんか?

そのイビキが、生命に関わる病気の引き金になってしまう可能性もあります。思い当たる場合には、どうぞ御相談ください。
当院では、当ビル1階の呼吸器専門クリニック・池袋大谷クリニック大谷先生と協力、連携して、睡眠時無呼吸症候群の診断、治療を行っています。

池袋西口 小川原デンタルクリニック
03-6915-2102

[診療時間]
月・火・水・金/9:30〜13:00 14:30〜19:00
木曜日午後は診療は14:30~17:00
土曜日の診療は9:30~14:30
日曜・祝日は休診

メールでのご相談はこちら

診療案内

診療時間

9:30〜13:00
14:30〜19:00

木曜日午後の診療は14:30~17:00
土曜日の診療は9:30~14:30
日曜・祝日は休診

地図・交通

東京都豊島区西池袋1-39-4 第一大谷ビル6F


大きな地図で見る

詳細はこちら

診療案内

クリニックについて

診療メニュー

保険外治療と料金について

スタッフ紹介

睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方に

院長ブログ

リンク

English-page(Ikebukuro West Entrance Ogawara Dental Clinic)豊島区の歯科の池袋西口小川原デンタルクリニック