院長ブログ

西池徒然通信3号 SomnoMed社に認定されました

『睡眠時無呼吸症候群』という言葉、皆さんは聞いたことがありますか?

最近では、睡眠時無呼吸症候群が原因の交通事故も多数確認されていて、多くの命が奪われる原因にもなっています。2003年には、岡山で山陽新幹線の運転士が約8分間居眠り運転をして緊急停止、という事故が起きています。また、交通事故の原因になることもあり、多くの方の命が奪われています。

眠っている際に『イビキ』を指摘されたり、呼吸が苦しくて起きてしまうなど思い当たることのある方は要注意です。医療機関(歯科ではありません)を受診して、睡眠時無呼吸症候群かどうかを診断してもらいましょう。